ニキビの段階と対策方法

肌荒れを気にする人は多くいらっしゃると思いますが特に嫌がられているのがニキビです。
思春期ニキビから大人ニキビまで年代を問わずにニキビは出来てしまう可能性があります。

そもそもニキビの原因ですが、大まかに言えば皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり炎症を起こすことを言います。

またニキビの症状には段階があります。
たとえば白ニキビや黒ニキビと呼ばれるニキビは初期段階のニキビになります。

白ニキビはあまり目立たないのですが、黒ニキビは毛穴が開き詰まった皮脂が空気に触れて黒く変色することで目立ってきます。

この二つのニキビは初期段階なので毎日のクレンジングや洗顔を徹底して行うことで改善される場合がほとんどです。

次の状態が赤ニキビや黄ニキビと呼ばれるものです。
このニキビは症状がかなり悪化した状態で洗顔や日頃のスキンケアだけではなかなか治りません。
なので市販のニキビ用の塗り薬などを活用したり、皮膚科で診てもらうなどの対策が必要になります。

また紫ニキビと呼ばれるものはかなりの重症です。
内部に血と膿が溜まった状態で、下手に触ったり潰したりしてしまうとニキビ跡が残りやすいニキビでもあります。

この場合は早めに皮膚科で診てもらうことが改善に繋がります。
また漢方薬による治療もできるそうです。

できれば赤ニキビや黄ニキビになる前にきちんとスキンケアを行うことが大切になりますし、毎日肌を清潔に保つことでニキビが出来にくい肌質を作ることもできます。

ただ注意も必要で洗顔を徹底するといっても洗い過ぎると今度は肌が乾燥しやすくなります。
洗顔料を使った洗顔は1日の内に夜の1回程度にしておきましょう。

また洗顔後は保湿も大切になります。
化粧水を塗らないでいると肌が乾燥してしまい、肌を守ろうとして自然と皮脂が分泌されます。
結果ニキビが出来やすい肌になってしまうので、化粧水はたっぷりと使いましょう。
また乳液に関しては量が多いと毛穴を詰まらせてしまうので、量の加減には十分気をつけてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ