背中ニキビ改善に効果的なスキンケア

背中ニキビは知らない間に悪化したり潰れたりするニキビであり、治療改善が難しい位置にあるニキビです。

背中は常に衣類と密着しており肌との摩擦も起こりやすく、蒸れる事によって細菌が繁殖しやすい環境ですからニキビ悪化に繋がりやすいですし、体を洗う時でもタオルで背中をゴシゴシと洗ってしまい刺激を与えて悪化に繋がる事も多いです。

鏡ごしで無ければ見えない位置に発生しますし、スキンケアを行うにしても手が届かない事で厄介なものですが、効果的なスキンケアとしては顔のニキビ等と同様であり、洗浄の徹底と保湿作業、生活習慣を整える事等が挙がります。

洗浄に関しては摩擦を起こさないように洗浄剤を泡立てて包み込むようして洗うと良いでしょう。
肌と手が摩擦しないように泡で洗う事が望ましく、体が固くて手が届かない場合は家族等に手伝ってもらうのも良いですし、タオルで洗うにしてもゆっくりと摩擦させずに洗うようにします。

保湿に関しても洗浄後にすぐに乾燥は進みますから、体を拭き取ったと同時に保湿化粧水を活用します。吹きかける構造のものを使っても良いですし、他人のサポートを受け取れるならばパッティングしてもらうのも良いです。その他に保湿ケアならこちら背中ニキビの記事が参考になります。

普段の生活でも衣類をこまめに変えて清潔にしたり、汗を拭きとる事は必要になりますし、腸内環境を整える食生活にしてニキビ発生リスクを減らす事も望ましいです。
油モノや甘いモノ、ファーストフードやスナック菓子等は皮脂分泌を増やして腸を汚す傾向にあります。

睡眠不足や運動不足、ストレスも皮脂分泌を増やして背中ニキビを悪化させる事にもなりますから、スキンケアと同時に生活習慣を整える事も必要です。

寝具を清潔にする事や洗髪時にシャンプー成分が背中に流れてくるのも背中ニキビが治らない原因にもなります。
シャンプー成分が背中に残ってしまうとニキビが悪化しやすくなりますから、体を洗うスキンケアを行う順序をシャンプー後にする事でシャンプー成分残しを予防する事も出来ます。

ニキビの段階と対策方法

肌荒れを気にする人は多くいらっしゃると思いますが特に嫌がられているのがニキビです。
思春期ニキビから大人ニキビまで年代を問わずにニキビは出来てしまう可能性があります。

そもそもニキビの原因ですが、大まかに言えば皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり炎症を起こすことを言います。

またニキビの症状には段階があります。
たとえば白ニキビや黒ニキビと呼ばれるニキビは初期段階のニキビになります。

白ニキビはあまり目立たないのですが、黒ニキビは毛穴が開き詰まった皮脂が空気に触れて黒く変色することで目立ってきます。

この二つのニキビは初期段階なので毎日のクレンジングや洗顔を徹底して行うことで改善される場合がほとんどです。

次の状態が赤ニキビや黄ニキビと呼ばれるものです。
このニキビは症状がかなり悪化した状態で洗顔や日頃のスキンケアだけではなかなか治りません。
なので市販のニキビ用の塗り薬などを活用したり、皮膚科で診てもらうなどの対策が必要になります。

また紫ニキビと呼ばれるものはかなりの重症です。
内部に血と膿が溜まった状態で、下手に触ったり潰したりしてしまうとニキビ跡が残りやすいニキビでもあります。

この場合は早めに皮膚科で診てもらうことが改善に繋がります。
また漢方薬による治療もできるそうです。

できれば赤ニキビや黄ニキビになる前にきちんとスキンケアを行うことが大切になりますし、毎日肌を清潔に保つことでニキビが出来にくい肌質を作ることもできます。

ただ注意も必要で洗顔を徹底するといっても洗い過ぎると今度は肌が乾燥しやすくなります。
洗顔料を使った洗顔は1日の内に夜の1回程度にしておきましょう。

また洗顔後は保湿も大切になります。
化粧水を塗らないでいると肌が乾燥してしまい、肌を守ろうとして自然と皮脂が分泌されます。
結果ニキビが出来やすい肌になってしまうので、化粧水はたっぷりと使いましょう。
また乳液に関しては量が多いと毛穴を詰まらせてしまうので、量の加減には十分気をつけてください。

背中ニキビ治療にはビタミン食材の摂取

背中ニキビは難治性の皮膚炎と言われるほど、一度発症すると完全治癒するのに時間が掛かると言われ、早期の段階でどれだけケアできるかが重要です。

また背中ニキビは専ら外面ケアで保湿クリームや軟膏を塗って対処してる人も多いですが、実は各種ビタミンを多く摂取する事で身体の内面からもケアができます。

直接目で確認がしにくい背中ニキビだからこそ、内面からのケアにも力を入れるのは非常に有効です。

背中ニキビのケアに欠かせないビタミンの種類は多くあり、いずれも身近な食材から摂取できるので、この機会に覚えておくと便利です。

例えば、ビタミンB2はニキビには致命傷な過剰な皮脂分泌を抑制し、いち早く基盤の肌を新しく生み出す作用もあります。

ご存知のように、ビタミンB2は簡単に豚肉や青魚などでも適量が摂取できるので、背中にニキビができやすい人は和食メニューでこれらのビタミンを補いたいところです。

ただビタミンB2は加熱調理すると、折角の栄養素が外に逃れてしまう性質があるので、なるべく焼き料理ではなく、蒸し料理や煮物で頂くのがお勧めです。

そしてニキビ肌には絶対欠かせないビタミンCは、紫外線などの外的刺激から肌を保護し、お肌の活性酸素を抑える役割があります。

ニキビだけでなく、シミにも有効な成分で知られていますが、主にグレープフルーツやキウイなどの果物で沢山摂取できるので、必ず抑えておきましょう。

更に肌の代謝機能を高めるビタミンAも補助的に補いたい栄養素で、主に緑黄色野菜の中でもβカロチンが多い人参やホウレン草などから摂れます。

ニキビ肌を修復させるカギになるターンオーバー力を高めるのにも、有効な成分なので忘れないようにして下さい。

最後にビタミンEは、肌に抗酸化作用をもたらすだけでなく、女性ホルモンを整える効能もあります。
主にかぼちゃやピーナッツ類に含まれてますが、程々に意識して摂取する位が一番良いです。

実はビタミンEは、脂溶性ビタミンである事から、水溶性とは違って過剰摂取はお勧めできません。
過剰摂取すれば、尿などで体外に排出される力が弱いので、逆に脂質を溜め込みやすく、骨粗鬆症になるリスクもあります。

このようにニキビに有効なビタミンはなるべく食事で必要量補充したいとこですが、忙しい人は毎食調理するのが難しいと思います。

今は、マルチビタミンが纏めて摂取できるサプリ商品も出ているので、なるべく国産ブランドを選んで、足りないビタミンはまんべんなくカバーしておきましょう。

血行を良くすることで、肌トラブルを解消

私は肌の悩みが多く、いろいろな症状に悩まされてきました。
もともと乾燥肌だったのですが、年齢を重ねるとともに、さらにその症状は大きくなっていきました。

私は低体温で、低血圧のため、冷え症でもあります。
そのため、子供の時は手や足によくしもやけができていました。

大人になってからもしもやけができたことがあります。
その原因は寒さで、手足の末端が血行不良になってしまうことでした。

血行不良を治すためにも、こまめにマッサージを行うようになりました。
そのおかげで、今ではしもやけにならずに済んでいます。

しもやけも乾燥肌も血行不良が原因だということがわかってきました。
もともとデスクワークが多いため、どうしても運動不足になりがちです。

運動不足になると、さらに血行不良が進んでしまい、悪循環を起こしていました。
そこで、意識的にも毎日運動を行うようにしました。

すると、以前よりもかなり身体が暖かくなってきて、血行が良くなってきました。
さらに血圧も正常範囲になり、体温も36度台になってきたようです。

体温が低いとリスクが高まり、風邪などを引きやすくなるようです。
確かに以前は、冬になると毎年風邪を引いて熱が出て、仕事を休んでいました。

最近はとにかく身体を冷やさないように心がけてきたおかげで、熱が出るような風邪は引かなくなりました。
さらに以前よりも肌が乾燥しなくなり、静電気も起きなくなりました。

特に顔の乾燥がひどかったのですが、こまめに保湿クリームを塗り、マッサージを行うことによって、乾燥の度合いが少なくなってきたようです。

身体の機能は動かさないと、どんどん退化していき、弱まっていくようです。
血行を良くして、さまざまな肌トラブルを防ぐためにも、運動や食生活、服装やちょっとした暖房アイテムを利用して行こうと思っています。

また脂肪が増えたり、ストレスが溜まると、身体が冷えてくるようです。
特にこの二つには今後も気を付けていこうと思っています。

導入美容液をつかってスキンケア効果アップ

季節の変わり目などになると、お肌が調子が悪くなってしまうひとも多いです。
乾燥が気になったり、皮がめくれてきてしまうこともあります。

また、最近になってなんとなく自分の老け顔が気になってしまって、アンチエイジングをはじめたいというひともいるでしょう。
ほかにも、お顔のなやみだと、たるみがきになったり、小じわが目立ってくることも多いです。

このようなさまざまなおなやみについて、自分で効果的な美容液をさがしてスキンケアに取り入れているというひともいるでしょう。

ですが、いくら一生懸命さがして見つけてきた美容液であっても、その効果を存分に実感できているというひとはあまり多くないかもしれません。

自分のなやみにあわせた美容液を使っているはずなのに、期待しているほど効果が出ないとか、高い美容液のはずなのに、値段に見合った効果が表れないというときには、美容液の前に使用する導入美容液をスキンケアに取り入れてみるといいかもしれません。

洗顔をした後に、いつもの美容液を塗る前に、こうした導入タイプの効果がある美容液を付け加えてあげるだけで、その後の美容液の浸透もよくなって、お肌にこれまで以上に効果的にはたらくようになってくれます。

導入美容液は、美容成分がお肌に浸透するように、古い角質を除去してくれるはたらきがあり、美容液の通り道をつくってくれるのです。

古い角質があるままだと、浸透性のおおきな邪魔をすることになりますから、かたくなってしなった角質を柔らかくし、そして除去してくれるAHAなどの成分がはいっている導入美容液を選ぶと良いでしょう。

さらには、コポリマーがお肌をやわらかく保ってくれるようになります。
やわらかいお肌なら、希望する美容成分がふんだんに入った美容液もしっかり受け入れてくれ、お肌にとどめてくれるので、効果も実感しやすくなるでしょう。

さらに、水分の浸透する道をつくってくれるのでアクアポリンが入っていたらなお効果的です。

ニキビと乾燥予防に!スキンケアにホホバオイルをプラス

毎年春になると、肌が乾燥するのと、突然できてしまい、しつこく治らないニキビに悩んでいました。
肌が乾燥すると、皮膚を守るために皮脂をたくさん出そうとするので、そこで炎症を起こしニキビができると聞いたことがありました。

そのことを聞いてから、化粧水をたっぷりパッティングして、その後には保湿力の高いしっとりとした乳液を塗ったりして、自分なりにスキンケアを改善しました。

それでも、ケアをした後しばらくは肌も潤っているのですが、1日はもたずに昼過ぎには頬や眉尻のあたりがカサついていたし、ニキビもなくなることはありませんでした。

悩んでいたところ、「ホホバオイルがニキビに効果的である」という話と、「化粧水を塗る前にボディオイルを塗っておくと、しっとり保湿ができる」という話を同時期に聞き、「ならば、ホホバオイルを化粧水を塗る前に塗るスキンケアを試してみよう」と思い、実際に試してみました。

方法は簡単で、洗顔をした後はすぐに化粧水をパッティングした後乳液、といういつものスキンケアの流れの一番初めにホホバオイルを塗るという工程をもってくるだけ。

ホホバオイルはベタつきもあまりなくさらっとしていて肌なじみも良いので、さっと塗ることができるし、
塗った後にすぐに化粧水をつけてもすぐになじみます。

それを夜ならお風呂から上がってすぐ、朝なら朝の洗顔の後すぐに行なっていました。
効果は驚くほどすぐに現れました。

初めてホホバオイルをプラスしたスキンケアをした夜の次の日の朝から、乾燥を全く感じなくなり、1日中肌はずっとしっとり。

ニキビは塗ってすぐとはいきませんでしたが、赤みがあった部分がすぐにおさまり、その後1週間もすれば、後に残ることも無くきれいに治りました。

その後もホホバオイルをプラスしたスキンケアを続けた結果、結局肌は乾燥することも無く、ニキビもまったくできていません。

自分にぴったりのスキンケア方法を見つけることができたので、毎年憂鬱だった春も楽しく過ごせるようになりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ